トクホって何?|飲むトクホ オルビス ディフェンセラの圧倒的機能

最近、スーパーやコンビニなどで清涼飲料水コーナーを見ていると「トクホ飲料」が目に付きます。

最初は単純に「健康に良いって意味かな?」と思ったのですが、お茶だけでなくトクホコーラなるものが登場した時から、その考えは間違っているんじゃないかと思うようになりました。

 

そして辿り着いた答えが「生活習慣病を予防する機能がある」とか無いとか。

しかし今回ご紹介するのは、飲むスキンケアという肩書を背負って颯爽と美容界に姿を現した新星「オルビス ディフェンセラ」です。本製品はなんと「飲むトクホ」と呼ばれています。

…トクホって飲むものじゃないの?

 

というわけで今回は、業界初の飲むスキンケア&飲むトクホを両立させたオルビス ディフェンセラの本質を知るためにも「そもそもトクホって何なの?」という部分について調べていきたいと思います。

トクホとは?

みなさんも上記のロゴをどこかで見たことがあると思います。

これがトクホのマークとなっており、特定保健用食品、略してトクホです。

 

特定保健用食品とは、

「特定保健用食品(トクホ)」とは、有効性、安全性などの科学的根拠を示して、国の審査のもとに消費者庁(※)の許可を受けた食品のことを指します。

と定義されています。

 

実際に飲料水コーナーを見ていると「体脂肪を減らすのを助ける/脂肪の吸収を抑える/糖の吸収を抑える/血圧が高めの方に」などの謳い文句で販売されていました。

 

世の中には「これって本当に効果があるの?」と思うようなサプリメントなどが溢れていますが、トクホ商品に関しては消費者庁が化学的な根拠を認めた食品とのことですので、信頼性は高そうです。

(消費者庁は優良誤認を誘発しそうなキャッチコピーなどにもメスを入れてニュースになったりしていますからね)

 

特定保健用食品と機能性表示食品は違う

トクホの他にも「機能性表示食品」というものを見たことがありませんか?ちなみに私が日常的に飲んでいるサプリメントの幾つかは、この機能性表示食品というものでした。

トクホが国(消費者庁)の許可を得ているのに対し、機能性表示食品は国の認可を得なくても根拠さえ示せば、その肩書を手に入れることができるようです。

 

つまり、単純に考えると「トクホを名乗る方がハードルが高い」と言えそうですね。

私のような素人からすると「根拠を示してるのに国に認めてもらえないパターンって、どういう場合?」と疑問に思うのですが、根拠として示される論文の中には信憑性に欠ける怪しいものもあるということなんでしょう。

 

ディフェンセラは日本初の肌に働きかけるトクホ

これまでに登場したトクホ商品を見ていると、高血圧に働きかけるものだったり、血糖値に働きかけるものだったり…。

いわゆる生活習慣病や高齢者向けというイメージを色濃く感じる商品が多いように思います。

 

一方でディフェンセラは、肌に働きかける特定保健用食品として注目を浴びています。

これまでにも数々の食品がトクホの称号を得ようと開発されてきたようですが、その基準を初めてクリアしたのがディフェンセラというわけですね。

 

ディフェンセラは身体の内側から全身の保湿に機能

保湿対策、乾燥肌対策としてオーソドックスなのは、肌に直接ボディークリームを塗ったり美容液を塗ったりすることです。

しかし、これはあくまで「肌にある水分をこれ以上逃がさないようにするための工夫」にしか過ぎません。

 

肌が蓄えておける保水量は加齢と共に低くなってしまうので、理想を言えば「保湿に関するスキンケアは、身体の内外から働きかける」のがベストです。

ディフェンセラは、日本に唯一存在する「身体の内側からの保水機能を国に認められた特定保健用食品」なので、乾燥肌に悩んでいる人にはまさに打ってつけのお助けアイテムと言えるのではないでしょうか。

 

最後に

機能性表示食品の中には「特定保健用食品の許可が下りなくて、機能性表示食品に甘んじている商品」というものも少なくないと思います。

そう考えると、10年もの年月をかけて研究をし、満を持して登場した飲むスキンケア「オルビス ディフェンセラ」は、乾燥肌に悩む私にとっては救世主のような存在です。

 

今なら新登場キャンペーンということで、本来の商品価格よりも値引きされた金額で購入することも可能となっています。

興味のある方はぜひお試しください。

日本初!「飲む」次世代スキンケア【初回送料無料】

TOPオルビス ディフェンセラ 口コミ